投資で資産を増やすために

投資をする最大の目的

投資とは、利益を得る目的で事業や不動産、証券などに資金を投入することです。つまり投資をする最大の目的は、資金を稼ぐことにほかならないでしょう。その目的は、人によってさまざまでもあります。年齢が若い人であれば老後の資金のため、また銀行にお金を預けていても現状では利子がほとんどつかないために株式投資で一定の利回りを得たいという人もいます。
このように、目的が資金を得ることであれば、それに沿った運用をしていかなければなりません。まず、期間をいつ頃までというように設定することも大切でしょう。老後の資金として利益を得たいのであれば、今の自分の年齢とお金が必要になる時期との差を計算し、それに見合う計画を立てていく必要があります。
また、投資には必ずリターンとリスクがつきものです。ですから目標となるリターン、自分が受け入れることのできるリスクを最初に決めておく必要もあります。そして、投資に充てる資金については生活に支障が生じないよう、当面使う予定がないお金であるということも重要です。資金を稼ぐ目的で始めたにもかかわらず、ほかに用途がある資金を運用するのでは、本末転倒なことになってしまうおそれもあります。

関連情報